タイヤに関する知識について

自動車用のタイヤはずっと使っていますと空気圧が下がっている可能性もあります。
空気圧が下がってしまいますと運転に支障が出ますのでガソリンスタンドなどでガソリンをいれるときに一緒に空気も入れるようにしてください。
ガソリンスタンドでは自動車用の空気入れなどが設置されていることもあり、自由に使えるようになっています。
またタイヤは長い間使っていますと磨り減ってくるものですが、これもできるだけ早めに履き替えるようにしてください。
履き替えの時期が分かりにくいという方もいらっしゃるかと思いますが、最近では履き替えのサインが出るタイヤも販売されています。
磨り減るとサインが出る仕組みになっているのです。
いつまでも磨耗したタイヤを使っていますとブレーキのききが悪くなってしまいます。
というのもタイヤについている溝がブレーキのききをよくしてくれるからなのです。これにより摩擦が多くなるのでブレーキもききやすくなるのです。
しかし磨耗したものを使っていますと摩擦がなくなりますので抵抗がなく、ブレーキがきくまでに時間がかかってしまいます。
安全のためにもよくタイヤもチェックして履き替えの時期を見極めてください。
空気圧と溝は最大のチェック事項です。