タイヤの消耗について

タイヤの表面には溝があり、雨の日などに水や泥などが溜まっている道路を走行すると、水や泥が溝に集められることで排水されるような仕組みになっています。つまり、溝に深さがあることで安全に走行することができています。しかし、走行すればするほど少しづつですが、すり減ってしまい溝は浅くなります。そして、タイヤの横にはスリップサインと呼ばれる印があります。スリップサインは溝の奥に隠れている印で、印が出てきたということは溝が浅くなり水や泥の排水が悪くなっていることを意味しています。中でも、雨の日などは溝の深さがないとタイヤと道路が離れて離れやすくなってしまうことで、ハンドルがきかなくなるなどの原因になってしまいます。そして、スリップサインが出ているまま走行することは法律によって禁止と定められています。そのため、スリップサインが現れる前、もしくは現れたらタイヤの交換を行う必要があります。そのほかにも、タイヤに多く使われている素材のゴムは劣化していくにつれて、表面のひび割れなどの原因になってしまうので注意が必要です。タイヤは消耗品であり、寿命があります。そのため、スリップサインやゴムの劣化などいろいろなところに注意することが大切です。