娘への車、4輪駆動の中古車でした。

大学に通っていた娘が来春卒業します。
来春から、地元の銀行へ入社が決まっています。
そんな娘、私にこっそりと言いよって来たのです。
「車が欲しい」と。
母親より私の方が甘いこと見据えてのことと思います。
イヤ、母親と相談した結果、甘い言葉で父親を口説けとなったのかも知れません。
男親は、本当に馬鹿親が多いと思います。
なんだかんだ言いながら、結局車を買うことに同意してしまったのです。
それも私がお金を出すことに。
娘が自分で買う訳ではなかったのです。
またもや二人の女性にだまされた馬鹿男でした。
そんな娘への車、中古車にしました。
新車も考えたのですが、新車はこの次にしようと決めました。
どうせチョコンチョコンとぶつけると意識もありました。
そして、ワンランク上の車が安全と思い、信頼の出来る車屋さんから購入しました。
軽自動車より1000CCの車、1000CCの車より1500CCの車が少しでも安全かと思ったのです。
また、4輪駆動の中古車にしたのです。
冬の雪道も安全に走ることが出来るのです。
初心者には、安全な車が一番と思ったのです。