美しい古本。

美しい本で、読まなくなってしまっている本がありました。
それは、昔、手に入れた本なのですが、そんなには、読んでなかったので、ほとんどくたびれておらず、まるで、新品同様な綺麗さだったりします^^
でも、やっぱり、その本は、もう読まないジャンルっていうか、興味のなくなってしまったものでございましたので、家の中に置いておくだけならば、スペースもとりますので、これは、思い切って、処分したほうがいいな・・と思いました。
そこで、友達にも、欲しいひとがいないかたずねてみて、いないことをちゃんと確認してから、その古本を売りに行くということになりました。
古本屋さんも、その本を見て、年数がたっているわりには、綺麗だから、すこし意外そうにしていた感じがします。
これからは、どんどん、自分の好みなども変わるかもしれないので、そうなると、やっぱり、古本屋さんによく、このようにして、持って行くことも増えてくるのかも知れないなと思いました。